包茎と真珠様陰茎小丘疹の手術

手術代に乗ると、医師の他にもうひとり助手の若い男性が現れてすぐに手術開始です。

最初に消毒して、麻酔注射。痛くないと言ったら嘘になりますが、まあ大したことないです。

ほんと一瞬チクッとするくらいですぐに麻酔が効き始めるんで、痛そうで手術が怖い人はそこは心配しないでいいと思います。

最初に余分な包皮を切り取ります。

横になっていて全く見てないので、聞いた内容でしかないんですが、医師の方と世間話をしながら淡々と手術は進んでいきます。

電気メスを使っていたので、包皮を切り取る時に股間から煙が上がって少し焦げ臭かった記憶があります。

包茎手術が大体20分くらいで終わって、今度は真珠様陰茎小丘疹の除去治療です。

これはほんと5分くらいで終わりました。

最後に消毒して包帯巻いて完了です。

手術室に入ってから出るまで30分とかかってないんじゃないでしょうか?

正直こんな簡単な治療で16万5千円も取られんの?とちょっと思いましたが、技術料だから仕方ないと思うしかないですね。

実際全く後悔はしてないですし。

全部終わって15分くらい休むように言われて診察室でひとり休んで帰宅です。

クリニックについてから帰るまで2時間もかかってないと思います。

ほかの患者さんと会うこともなかったので、ほとんど気まずい思いもしませんでした。

包茎手術なんてあっという間。ほんとあっけなく終わるものですよ!

 

 

クリニックに行くことに

泌尿器科で真珠様陰茎小丘疹は取れなかったので、やっぱり美容外科に行くしかないということで美容外科に行く決心をしました。

実はまだ19だったので親の同意書が必要だったんですけど、どうしてもあと1年待てなくて思い切ってクリニックに行ってみました。

当時は札幌にいたので札幌市内の小さな個人経営のクリニックへ。

ネットで探し回って一番安いクリニックへ。

一応電話で年齢も伝えてあったんですけど、何も言われなかったので大丈夫かな?とちょっと不安を持ちながらもクリニック到着。

受付のお兄さんにも実際執刀した医師にも年齢のことは全く触れられませんでした。

たぶん小さなクリニックだからそのへんは自由にやっちゃってるんでしょうね。でも本当はダメですよ。

簡単な問診と診察があって先にお会計。包茎手術と真珠様陰茎小丘疹の除去治療合わせて16万5千円でした。まあ包茎手術だけでこれくらいの値段取られるところも少なくないと思うんで、安い方なんじゃないですかね。

クリニックについて15分後くらいには手術代に乗ってました。

手術の様子とか術後の経過なんかは次の記事で書いていきますね。

包茎手術と真珠様陰茎小丘疹除去を決めた19歳の夏

悩んだことのない人には分からないと思いますが、包茎と真珠様陰茎小丘疹で悩みに悩んで不遇の10代を過ごしてしまった僕。

せめて真珠様陰茎小丘疹だけでもなんとかしたくて泌尿器科に行ってみたことがあるんです。

ただ、あまり近すぎるのも嫌なので少し地元から離れた個人経営の小さな泌尿器科に一人行ってみました。

とにかく恥ずかしくて仕方なかったのを鮮明に覚えています。

受付で女の看護師さんに『亀頭にぶつぶつができてしまったんですけど・・』と言わなくちゃならないのはかなりの辱めでした。

なんとか受付を済ませて診察を受けられたのはいいものの、おじいちゃん先生が見るなり『これは脂の塊だから気にすることないよ』の一言で診察は終了。

『それはわかってるんだけで気持ち悪いから取りたいんです』と言ってみても、『取る必要ない』の一点張り。

やっぱり真珠様陰茎小丘疹に保険は使えないから泌尿器科では取れないみたいでした。

せっかく勇気を出して行ったのに何の意味もない・・残念でした。

真珠様陰茎小丘疹に悩んでいる人は泌尿器科ではぶつぶつを取ることはできません。

美容外科で治療を受けましょう。というかそれしか方法はないです。

全国のクリニックはこちらで確認できます。

亀頭のぶつぶつ真珠様陰茎小丘疹除去治療クリニック

せっかく行っても時間と診察費の無駄になってしまいます。安く確実に治療を受けられる美容外科を探しましょう。

真珠様陰茎小丘疹ができちゃった

小5ではじめて包皮を剥いて、仮性包茎になった僕。

一度全部剥いてからは問題なく剥けるようになったのはよかったんですが、中3くらいの時に、亀頭のカリの周りに白い米粒みたいなものが付いてるのを発見してしまいました。

最初はなんだか全く分からず、爪で引っ張ったりこすったりして無理やり取ろうとしたんですけど全く取れやしない・・

幸い家にはパソコンがあったのでそれでぶつぶつの原因が何か調べて性病の類ではないことはわかったんでとりあえず放置。

そのまま数年間はなんとなく気になりながらも見て見ぬふりをしていたんですが、だんだんぶつぶつが大きく、量も増えてきてどんどんコンプレックスが大きくなっていきました。

高校を卒業する頃にはカリの周りを白いぶつぶつがびっしり覆っていてとても人に見せられる代物ではなくなっていました。

だいぶ皮も余っていて、そのせいで常に亀頭はジメジメ・・

夜お風呂でちゃんと洗っても夕方には強烈な臭いを放っている始末・・

この頃には真珠様陰茎小丘疹だけでなく包茎もかなりのコンプレックスに感じてしまっていました。

だけどまだ手術はできないし、そんなお金もないし・・

悩みに悩んだ10代後半でした。特に10代男子なんて異常なくらい性欲も高まってる時期。

なのに人に見せられる代物じゃないし、コンプレックスが大きくてどうしようもない状態でした。

はじめて剥けた小5の夏

はじめてアソコの皮が剥けたのが確か小5の夏でした。

それまであそこの皮がむけるという知識すらなかった純情ボーイだった僕ですが、確か友達に聞いたんですよね。そこはよく覚えてないけどそれしかないでしょう。

んで、その夜のお風呂の時に自分で少しずーつ少しずーつ剥いてみたんです。

めっちゃ痛かったけど3分くらいかけて根元まで完全に剥ききりました。

とにかく亀頭部分が敏感で、触ると何とも言えない痛みというか痺れるような感覚が強烈だったのは今でも鮮烈に覚えています。

それと白いカスがたっぷり溜まっててそれがめちゃめちゃ臭い!鼻にツンとくるアンモニア臭?が相当強烈でした。

それを痛いの我慢して綺麗に洗ってまた被せて・・真性包茎から仮性包茎になった初めての夜のことでした。

もし中学生くらいになっててまだ剥けたことない人は、少しずつでも頑張って自分で剥いてみたほうがいいですよ。

あまりの不潔さに驚くはずです。真性包茎だけは放置しないで絶対に向いておいたほうがいいです。

亀頭包皮炎とかいろんな性病の原因にもなりかねないし、何より不潔です。

自分じゃ気づきにくいけど相当強烈な臭いだし、流石に女の子にも失礼です。

風俗でも真性包茎はお断りされるらしいので、無理しない範囲で少しずつ剥いていきましょう。

お風呂の湯船の中だと意外とすんなり剥けると思いますよ。無理すると病院に行く羽目になりかねないので絶対に無理だけはしないように。

包茎手術と真珠様陰茎小丘疹治療の体験記

包茎手術と亀頭のぶつぶつ、真珠様陰茎小丘疹の除去治療を受けてきました。

19の時に都内の小さなクリニックで治療を受けて、それから約10年。

悩みに悩んでなかなか決心がつかなくて憂鬱な10代を過ごしてしまいました。

当時の僕と同じように悩んでいる方は少なくないと思います。

そんな悩める若者の助けになれればとこのサイトを立ち上げました。

どのようにクリニックを選んだのか?治療を受ける決心を付けたタイミングは?など、いま男性の下半身事情に悩んでいる人が知りたい情報を詳細に伝えていきたいと思います。

10年も前のことなので記憶が薄れてしまったところもありますが、思い出しながらできるだけ具体的に書いていきます。

ただ、約10年経った今でも一切後悔はしていません。

しかし、中にはなんとなくでクリニックを選んでしまって新たな悩みを抱えてしまう方も少なくないようです。

そんな事態にならないようによく考えて、本当に治療を受ける必要があるのかどうかから一緒に考えていきましょう。

後悔のない治療を受けられるよう優良な情報をお伝えしていきますので、包茎と真珠様陰茎小丘疹・フォアダイスに悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。